Cacao for Healthy Life

Column

ローチョコレートで人気の販売店ならこだわりの食材と製法の【COCO】がおすすめ!~人工甘味料と天然甘味料~

ローチョコレートの販売店をお探しなら京都の【COCO】へ

2017-bronze
ローチョコレートの販売店をお探しなら京都の【COCO】へ
2017-winner

ローチョコレート販売店をお探しでしたら、国際的な賞を受けた【COCO】にご来店ください。【COCO】のチョコレート(マダガスカル)は、インターナショナル・チョコレートアワーズ2017年、アメリカ・アジア太平洋大会においてブロンズ賞を受けました。

いつものティータイムをより一層華やかに彩りたい時、または特別な方への贈り物の際は、是非ローチョコレートをお役立てください。【COCO】で提供するチョコレートは、全てこだわり抜かれた食材と製法によって作られています。

ローチョコレートをおすすめするのは発酵食品として人気だから

ローチョコレートをおすすめするのは発酵食品として人気だから

ローチョコレートをおすすめするのは、カカオ豆をはじめ、原材料の栄養をそのまま味わえる発酵食品として人気だからです。

非加熱または低温処理したカカオ豆は、加熱に弱いミネラル成分をほとんど失いません。そのうえ、カカオ豆は酵母菌や酢酸菌、実が持つ酵素反応によって特有の風味を生みます。

つまり、低温焙炒か天日干ししたカカオ豆で作るローチョコレートは、日本の伝統的な食品である発酵食品と同じなのです。

人工甘味料と天然甘味料の違いについて

一般的なチョコレートには、カカオ豆特有の苦味を抑えるために、甘味料を添加して食べやすくしています。甘味料とは、食品に甘さを加えるために使用する調味料のことです。その甘味料には、人工甘味料と天然甘味料の2種類があり、いずれも食品添加物に区分されています。

人工甘味料と天然甘味料の違いは、天然の成分であるか否かです。人工甘味料は、食材には存在しない甘味成分を化学的に作ったり、天然の甘味成分を人工的に作り出したり、化学合成をして作られます。一方、天然甘味料は植物や果実から抽出した自然の甘味成分を精製し、濃縮させた天然素材です。植物や果実が持つ甘味成分ですから、人にやさしい甘味料と言えます。

【COCO】では添加物にもこだわり、砂糖は一切使用しておりません。アガベシロップ・羅漢果の天然甘味料を使用していますので、有機カカオ豆本来の味わいやコク深い風味を楽しめます。

お役立ちコラム

ローチョコレートのお求めは【COCO】で

店舗名 COCO / 御幸町店
住所 〒604-0941 京都府京都市中京区 御幸町通三条下る海老屋町 328
TEL 075-708-2010
URL http://coco-cacao.jp