Cacao for Healthy Life

Blog

BlogCOCOの新着情報

ローチョコレートボンボン

こんにちは。工房の華房です。

温かいものがよりおいしい季節になってきました。本店のレジ横にはホットチョコレート用のウォーマーを新たに設置しております。テイクアウトのお客様にもすぐご提供できるようにしていますので、温かいものが飲みたいな、というときにはぜひお立ち寄りください。

さて、最近は販売さん、工房メンバー共にクリスマスや今後のイベントに向けてあわただしく働いております。

例えばボンボンや生チョコレートの箱詰め。箱をセットするところから始まり、商品を詰めてリボンがけをするところまで…一つ一つ丁寧に手作業で行っております。閉店後は手が空いたメンバーから作業をはじめるのですが、販売さんやシェフと先輩方も一緒になって作業してくださるので心強いです💦

ベリーローズとカシスベリー
ローチョコレートボンボン

今回はローチョコレートボンボンについてと、前回の投稿に登場したベリーローズ、カシスベリーに使っているカラフルなチョコについて、少し掘り下げてお話ししようと思います。

ローチョコレートについて。

48℃以上の熱を加えずに作ったチョコレートです。熱で壊れやすい酵素や栄養素が残るため、美容と健康のためによいといわれています。

ラズベリー

見た目にもかわいい”ラズベリー”。甘酸っぱい香りで、味もとってもフルーティです。チョコレートの軽い苦味もあり、甘すぎない仕上がりです。

ローマイルド

タブレット商品にもなっている、COCOの定番チョコレート。使用しているカシューナッツの風味が感じられます。やわらかな歯ざわりと口溶けも魅力の一つ。

あさずみ

白と黒のコントラストがあざやかな”あさずみ”。材料には麻炭のほかに黒ゴマを使用しています。色は黒いですが苦さはひかえめで、深みのある香ばしさが特長です。

ロービター

こちらもタブレット商品のある定番チョコレート。口の中でとけていくにつれ、しっかりした苦味が広がります。大人向けかもしれません。苦いのが好きな方におすすめです。

ほうじ茶

口に含むとほうじ茶の豊かな香りが広がります。ローホワイトをベースに使用しているので、比較的甘め。ほんのりとした苦味が余韻に残ります。

いかがでしょうか。ぜひ、お気に入りの一粒を探してみてください✨

先日の投稿にもありましたハートのボンボン❤️💜ですが、どちらも着色料不使用でお作りしています。赤いチョコレートの開発をさせていただいたのですが、どういったチョコレートなのか、この機会に少しお話しさせてください。

カカオバターをベースにベリーで赤色を出しているのですが、完成するまでにはたくさんの失敗がありました。

流動性が低く攪拌すると固まったり、使用する糖の違いでベリーの風味も変わったり…これだ!と思うものができても時間が経つと結露したり💧その都度シェフや先輩方、若い工房メンバーのみんなから意見をいただいて改善していきました。

色味の問題もありました。理想とする色に対して、黄色味が強いものや紫っぽいものができたのです。最後にはシェフのアイディアにより、深みのある美しい赤色に仕上がりました✨

実は紫色のチョコレートも担当する予定だったのですが、こちらはシェフが配合を決め、ほとんど一発で完成させてしまいました。シェフすごいです…。

今回このような機会をいただいたこと、完成できたことを大変うれしく思います。機会をくださった方、工房メンバーの皆さんに感謝です。

赤いチョコレートにはラズベリーと苺、紫のチョコレートにはブルーベリーとバタフライピーを使用しております。鮮やかな色をしていますが、着色料に抵抗のある方にもおすすめのボンボンです😊

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ボンボンショコラ


こんにちは

工房社員の則武です

最近急に冷え込んで来ましたね。

体調管理には十分気をつけて、冬を満喫していきましょう⛄️

さて、今回は現在の工房で行われているチョコレート作りについてご紹介したいと思います!本店にお越しくださった方は想像できると思いますが、うちのお店は吹き抜けになっていて工房の様子も外から見えるようにはなっているのですが…具体的な所まではあまり見えないと思うので

今回ご紹介させて頂きます♪

毎日仕込み仕込み…の連続です!

マーブル台にずらりと並ぶボンボン達

迫力ありますね…🍫

真っ赤な「ベリーローズ」(写真下)と

紫色の「カカオベリー」(写真上)です

赤色のボンボンは、薔薇とフランボワーズのガナッシュです。口の中でジュレが溶けてほのかに薔薇の香りがするんです。

紫色のボンボンはカシスのガナッシュと、ブルーベリーのジャムになっています。

こちらはペルー70.50%を使ったカシスとハイビスカスのガナッシュとブルーベリーのジュレが入っています。ほんのりハイビスカスの香りがします。

中身のガナッシュを仕込む工程もとても手が混んでいます。

チョコを砕きながら生クリームを入れ…混ぜ…等々。

温度管理もとても大切。最終温度が30℃になるように仕上げに持っていきます。

私もシェフに教えて頂きながら仕込んだことがありますが、温度が低すぎてもダメ、高すぎてもダメ。どれくらい混ぜたら良いのか、どのタイミングでクリームを入れるのか

などたくさんの工程があって、美味しいクリームができます。

ガナッシュを流し込んでいる様子

こんな大量のボンボンに均等に素早くガナッシュを流し込むシェフ

本当にすごいです…自分もシェフのように綺麗で素早く仕事ができるように頑張ります。

完成品です❣️ものすごく可愛いです❣️

着色料無しでここまでの色が出せるとは…

可能性は無限大ですね☺️

いかがでしたでしょうか?

少しでも皆様に、ボンボンショコラがどうやって作られているかお伝えできたでしょうか!

他にも種類をご用意しております。

RAWチョコレートを使用したボンボンもご用意御座います。

是非一度、お手に取ってみてください。

2020年クリスマスケーキ登場!

こんにちは、販売社員の岡野です。

11月に入ってどんどん秋から冬へと移り変わっていきますね。
今年は冷え込むのも早かったので、雪もたくさん降るのでしょうか。

 

さて、冬と言えば今年もチョコレート専門店ならではの
クリスマスケーキが登場します!

International Chocolate Awardsで4年連続受賞しているCOCO KYOTO。
なんと今回のクリスマスケーキには今まで受賞したチョコレートを使用しているものもあります。
世界に認められたチョコレートの風味も是非お楽しみくださいませ。

〇インターナショナルチョコレートアワードとは
毎年、世界中から1000以上のエントリーの中から最高品質のチョコレートを認定する国際コンクール。
「世界中のカカオ農園からショコラティエに至るまで最も優れた美味しさと高品質なチョコレートを認定すること」を目的とした世界最高峰の品評会です。

 

ノエルガトーショコラ

4号 3240円(税込)
https://shop.coco-cacao.jp/items/35421845

5号 3780円(税込)
https://shop.coco-cacao.jp/items/35423507

カカオが芳醇に香るガーナカカオ60%、ボリビアカカオ64%、ベトナムカカオ70%をブレンドしたチョコレートをふんだんに使用し、じっくり丁寧に焼き上げた贅沢な米粉のガトーショコラにシュトロイゼルをトッピング。

【International Chocolate Awards使用チョコ】
2020年ブロンズ賞を受賞したボリビア産64%、ベトナム産70%を使用しています。

【特定原材料】
卵・乳・カシューナッツ

 

 

ノエルフレーズシャンティ

4号 4220円(税込)
https://shop.coco-cacao.jp/items/35422019

5号 5220円(税込)
https://shop.coco-cacao.jp/items/35423907

米粉を使用したスポンジにコクのある北海道生クリームとインドネシア産のホワイトチョコレートを合わせ、あっさり食べやすいクリームに仕上げたクリスマスバージョンの苺のショートケーキ。

【特定原材料】
卵・カシューナッツ

 

 

ノエルムースショコラ

4号 4780円(税込)
https://shop.coco-cacao.jp/items/35422041

5号 5780円(税込)
https://shop.coco-cacao.jp/items/35423688

フルーティーな酸味が特徴のペルーカカオ70%、50%を使用したショコラムースにピスタチオのブリュレとピスタチオの生地、フランボワーズのぺパンと、
グリオットのジュレの組み合わせ。
グラサージュにもペルーカカオ70%、50%を使用。

【International Chocolate Awards使用チョコ】
2020年シルバー賞を受賞したペルー産50%、
2020年ブロンズ賞を受賞したペルー産70%を使用しています。

【特定原材料】
卵・乳・カシューナッツ・アーモンド・ゼラチン

 

 

ノエルRawベリー 4号 4200円(税込)
          5号 5200円(税込)

カシューナッツクリームベースにRawホワイトチョコを合わせ、
苺とラズベリーの程よい酸味が特徴のクリームです。
※こちらをご注文の際、お電話ください。

【特定原材料】
カシューナッツ・アーモンド

 

 

シュトーレン(数量限定)

4220円
https://shop.coco-cacao.jp/items/35425178

マダガスカルカカオ62%のチョコレートをたっぷり使用した生地に
カカオニブと、レーズン、オレンジ、いちじくを入れました。
カカオの風味を閉じ込めじっくり焼き上げた贅沢なシュトーレン。

チョコレート専門店ならではのコク深い風味を是非お楽しみください。

【International Chocolate Awards使用チョコ】
2017年ブロンズ賞を受賞したマダガスカル産62%を使用しています。

〇シュトーレンの楽しみ方
日ごとにフルーツ風味などが生地へ移っていき、
熟成が進んでいくシュトーレンを少しずつ味わいながら、クリスマスが近づいてくるのをお楽しみください。

【特定原材料】
卵・乳・カシューナッツ・アーモンド・オレンジ

 

【11月中にご予約(お支払い)で10%OFF!】

※ご予約締切※
クリスマスケーキ 12月20日まで
シュトーレン   12月15日まで

※お渡し可能日※
クリスマスケーキ 12月22日~25日
シュトーレン   12月2日~20日(8日、15日は定休日となります)

日付変更をご希望の際は予約締切日までに限り、
メールやお電話にてご連絡を承ります。

 

店頭・お電話・オンラインショップでご予約を受け付けております。
お申込みの際、下記のご注文・お受け取り方法について必ずご確認ください。

※クリスマスケーキのお受け渡しは「本店のみ」となります。
 配送は承りしておりませんのでご注意ください。(シュトーレンは配送可能です。)
※他の商品と一緒にご注文は出来ません。
※お渡し日の前日にお電話にて商品の種類・サイズ・日にち等相違がないか確認をさせていただきます。

 

 

皆様のご予約を心よりお待ちしております!
特別なケーキで、素敵なクリスマスをお過ごしください。

 

Happy Halloween!!!! &…

こんにちは。販売と営業を担当してます山本です。

早いもので、10月も最後の週ですね。
お店にもハロウィンの詰め合わせを商品をしたものが並んで、お出迎えしてくれてます。

ブラウニ【くるみ】
ブラウニ【チーズ】
マドレーヌ【ショコラ】

「ブラウニくるみ」と「ブラウニチーズ」「マドレーヌショコラ」の3個の詰め合わせで税込¥1,010となっておりますので、今週末のハロウィンのプレゼントにどうぞお買い求めくださいませ。Trick or Treat!!

話は変わり、最近はインスタグラムで載せていただいたおかげで、マロンパフェや和栗モンブランを目指して来られるお客様が多いですね。

マロンパフェ

本店の販売に立っていると、お客様が皆さんマロン系のメニューを召し上がり、秋だなぁ、と感じるのですが。

実は本店の別室ではこんなことが行われているんです。
何しているか、わかりますか?↓↓↓

実はバレンタイン用のカカオ豆を工房の方が選別してるんです。

当店のようにビーントゥバーチョコレートを作るお店は、カカオ豆を産地から仕入れるところから始まります。

下のジュート袋に入って、カカオ豆の産地から日本へ送られてきます。

最近は輸入業者さんが多少選別してくれたりもするらしいのですが、やはり、最終はお店で選別をしています。莫大な量に、工房の方同士、「手が空いたら、豆選(豆の選別)手伝ってー」という言葉を耳にします。その言葉を聞くたびに、「私(山本)は手伝えないけど、バレンタインは頑張って販売させてもらうので、よろしくお願いいたします。」と頭を下げるばかりです。

意外とカカオの豆の大きさが違ったり、商品に使えないものがあったりと、びっくりします。

営業の私はというと、画像でお見せ出来ませんが、バレンタインの出店先とバレンタイン商品のパンフレット等に掲載していただくもののデータをやり取りしたり、パンフレットの校正をしたりで追われております。2021年のバレンタインは京都と大阪の百貨店さんに出店させていただく予定をしておりますので、ちょっと気が早いですが、本店がお近くの方は本店で、百貨店さんがお近くの方は百貨店さんの方でのご購入をお待ちしております。

それでは、Happy Halloween!!!

祝♡世界最高峰のチョコレート品評会で5アイテム受賞!!!!!!(^^)!

こんにちは。販売の木野内です。

COCOKYOTOは今年もインターナショナルチョコレートアワードに商品を出品をしておりました。

インターナショナルチョコレートアワードとは、年に一度開催されるチョコレートに特化した世界最高峰の品評会です。

チョコレートの味だけでなく、レシピや、テクニックなども評価の項目に入っていて、さまざまな観点で「高品質」と認められたチョコレートが受賞する仕組みとなっています。

10月9日に発表があったのですが、毎回毎回ドキドキです…。

今回はコロナの影響で、発表がZoomでしたが約2時間。

いつもはメールでお知らせを待つのですが、海外の審査員が実際にCOCOKYOTOの名前を言ってくださり賞状が画面に映ったときは感動いたしました…!!(/_;)

しかも!今年はなんと5アイテムも☆☆☆☆☆!(^^)!

毎年、エントリーが増える中、5アイテムも…すごいです…。( *´艸`)

スタッフ全員驚きを隠せませんでした(笑)

チョコレートと毎日向き合っていく中、品評会で評価をいただくことができたことは日々の積み重ねが報われたように感じます。

なんとこれで『4年連続受賞』となりました!COCOKYOTOの快進撃は止まりません!(^^)/

受賞した作品も入っている商品のご案内をいたします!

COCOKYOTOが構想と試作を繰り返し温めてきた商品です。

パッケージにもかなり力を入れていて有名なデザイナーさんが手がけてくれています。色んなデザイン案を出してくださり、商品のイメージに合うようなデザインをCOCOスタッフと相談し合い、デザイナーさんもCOCOチョコレートのイメージに合うようなデザインや素材、細部まで気を配っていただきブラッシュアップしたとっても魅力的なパッケージに仕上がっております♡

当店は名前の通り京都で生まれたチョコレート店です。

世界中のカカオ豆から良質なものを選び、チョコレートになるまでのすべての工程を行うCOCOKYOTOの『BeantoBarチョコレート』と、地元『京都』の食材をかけあわせた、その名も『京味シリーズ』!!

今回は『京味シリーズ』のBeantoBarタブレット(板チョコ)、

『BeantoBar京味詰合』をご紹介いたします。

こちらは4種類のチョコレートが入った詰め合わせです。

左からお赤い箱は『丹波黒豆きな粉』

果実味に溢れた香りが特徴のタンザニア産カカオ70%と
丹波黒豆の存在感ときな粉の香ばしさがあとを引きます。( *´艸`)

白いお箱は2019年にインターナショナルチョコレートアワードで受賞の

『京都水尾柚子』

フルーツのような酸味があるマダガスカル産カカオ62%と

京都産水尾の柚子の香りが爽やかなチョコレートです☆

緑のお箱は今年2020年に受賞!(^^)/した

『京都玉露ほうじ茶』

甘くて上品な香りが特徴の玉露焙じ茶と希少種ペルー産のホワイトカカオ50に香ばしい玄米がアクセントになっています。

そして最後に青色のお箱は

『祇園黒七味』

豊な香りが特徴の黒七味。
ガーナ産カカオ60%の甘味の中にピリッとした辛みがクセになります。(^^♪

どれも京都の食材を使用し、京都から世界へ、もっと京都ブランドを広めていきたいという想いから生まれたチョコレートです。

この京味タブレットも白砂糖不使用、低GI値のココナッツシュガーや糖質・カロリーがゼロの羅漢果など自然派甘味料のみを使用しているので体にもうれしいチョコレートです♪

しかも!

こちらの詰め合わせは単品販売だと850円(税込)なのですが、4枚セットだと3120円(税込)と大変お得です☆(^^♪

世界でも認められた京都のBeantoBarチョコレート、味にも品質にも自信があります!ぜひ一度お試しくださいませ。☺

BeantoBar 京味詰合 ¥3,120

新しい機械!

こんにちは😃工房の橋本です!🌉

突然ですが、エンローバーって知ってますか?

エンローバーとは、チョコを掛ける機械のことを言います🍫

それが、COCO KYOTOに導入されました!

そして、そのエンローバーを使い、どんどんチョコレートをコーティングしていってます!

その様子を紹介します😃

このチョコレートのカーテンを通ると…

ガナッシュにチョコレートがコーティングされます!ツヤツヤになりましたね…🌟

そして、仕上げとしてCOCOのロゴスタンプをしていきます😊

ボンボンショコラの他にも…

クッキーにコーティング!

前に試食させて貰いましたが、クッキーのサクサクホロホロの生地にCOCOのブレンドチョコレートがとても良く合います…!

早く皆様にお届けしたいです☺️

そして、COCO KYOTOはきたるクリスマスに向けてシュトーレンをどんどん試作中です!

どの配合が一番美味しいのか研究中です!発売をお楽しみに☺️

それと、過去のブログを遡っていただければわかりますが、工房の社員が増えました!🎉

皆頼りになる人達ばかりです☺️

皆で力を合わせ、繁忙期を乗り越えていきたいと思います💪

秋になり、どんどん寒くなって来ましたね😅皆様も体調、そしてコロナにお気をつけ下さい🙇

COCO KYOTOではコロナ対策としてカフェの利用の場合は検温、入店時のアルコール消毒を実施しております

皆様、ご来店お待ちしています!

10月催事出店のお知らせ

こんにちは、販売の松本です。

COCO KYOTOでは新しい仲間もたくさん加わり、毎日を忙しいながらも楽しく過ごしています。

 

さて、今回は10月14日から2か所で同時に始まる催事出店についてご紹介いたします!

 

①京都JR伊勢丹 地下1階にて

出店期間は10月14日(水)から10月20日(火)までの7日間!

場所は地下1階の中央エスカレーターのそばになります。

伊勢丹には何度か出店させていただいておりますが今回は初めての場所です。

和菓子スペースと洋菓子スペースのちょうど間くらいなのでちょっと覗いてみようかな?と気軽に足をお運びください。 

 

②京都大丸 7階催事場にて

出店期間は10月14日(水)から10月19日(月)までの6日間!

営業時間:午前10時~午後8時(最終日は午後5時閉場予定)

こちらは「京の味めぐり 技くらべ」という京都大丸で行われるイベントに出店致します。

京都府内の食品・工芸品など地場産品を一堂に集めて、さらなる販売の拡大を目指すと共に、京都の良さを多くのお客様にアピールできる今年で23回目を迎える人気の催しです。

京都が好きな方も、ふと立ち寄った方にも素敵な商品との出会いが訪れることでしょう。

COCO KYOTOはエレベーターを降りてすぐの場所に出店していますのでブランドの紫の看板を目印にぜひいらっしゃってくださいね。

 

催事出店の良いところは普段来られないお客様にもCOCO KYOTOを知ってもらえる機会が増えることです。

 

なので、参考までにどちらの催事でも販売する新しい商品をご案内!

 

~cacao by country (5個入り)~   ¥1,180(税込)

 上記写真からオンラインショップへ移動できます。

 

マカダミアナッツをキャラメリゼして香ばしさと風味をプラス。

それをカカオの産地別のビーントゥバーチョコレート(カカオ豆からチョコレートになるまでの全工程を一貫して行う製法のこと)で1粒1粒コーティングしています。

同じカカオ豆を使ったチョコレートでも、産地が違うと全く違う味が楽しめるんです。

 

●マダガスカル 62%
ベリー系の風味と酸味が特徴的でナッティーな甘みがバランス良く、華やかな後味。

●ベトナム 85%
フルーティーなブラックベリー系の酸味にナッツの風味、土の香りなどのニュアンス。

●ガーナ 60%
酸味は少なく柔らかで繊細なカカオの風味。

●ボリビア 64%
爽やかな果実感をほのかに感じながら重厚なカカオの風味とパンチのある苦みとコク、
スモーキーさ、アロマも感じられる風味。

●インドネシア 67%
柑橘系のフレッシュ感とローストアーモンドバターの風味と程よい酸味。

 

 

いつものチョコレートもおいしいけれど、たまには違う味も試してみようかな?という食べ比べがしたい方にも、チョコレートをプレゼントにしたいけど味の好みがよくわからないな…という方にも是非おすすめです。

 

西大路御池本店でも販売直後から飛ぶように売れている今一押しの商品です。

催事にもたくさん持っていきますので是非ご検討くださいませ。

会場にてご来店をお待ちしております。

single origin bar

こんにちは、COCO KYOTOパティシエの横田です。

最近、朝晩がだいぶ涼しくなってきましたね。季節の変わり目は体調など崩しやすいので皆さん気をつけて下さいね。

さて、COCO KYOTOではもうすぐ迎える繁忙期に向けての打ち合わせが、連日続いております!

段取り、効率的な作業をしていく上で大事な打ち合わせなのです。これをしっかり詰めていき、スタッフ間でしっかり共有して全員が同じ意識を持って挑まないと乗り越えられないからです‼️

今回はCOCO KYOTOの一番の取り柄でもある、カカオについて少しお話しさせて頂きますね☺️

COCO KYOTOでは産地別のカカオを商品としては8カ国、原料にも使っているカカオを合わせると、なんと10カ国以上を取り扱っているんです❗️

なぜ?そんなに必要あるのか?どれも同じでしょう?って思う人もいると思いますが、全然違うんです!COCO KYOTOの商品を作る上で、全てが必要なんです!

カカオは産地によって様々な特徴の香り、味わいがあります。酸味の強いものから苦味や深み、コクのあるもの、もちろんマイルドな物まで、それぞれが個性的なフレーバーを醸し出してくれるんです。

ですので、そういったカカオを商品(タブレットなど)としてお客様に食べ比べてもらって違いを感じて頂き、その中から自分好みを見つけてもらうのも楽しみの一つと思っています。

また、原料に使う際はそれぞれが持つフレーバーがどの食材と合うか、お互いが主張しすぎず引き立てあってくれる存在になるかを見極め、そういったマリアージュを楽しんで頂く楽しみもあります。

酸味の種類も様々で、フルーティーな酸味や柑橘系の酸味、ベリーのような酸味まで、これまた特徴ある酸味を何に合わせようかとか、コーヒーや紅茶に合わすには・・・などなど以外な組み合わせも出てきたりして、作り手としても考えながら楽しんでいます。

また、チョコレートを作る上で大切なのがカカオ分です。カカオ何%など、よく目に付くと思いますが、あれはカカオの割合を表しています。カカオ分とはそこに含まれているカカオ分と油脂分、すなわちカカオバター分の事です。

カカオ60%だと単純に言えば残りの40%が糖分になるわけです。ですので、カカオ分が多ければ多いほど含まれる糖分は少なくなるので苦くなります。

ですがカカオ分が多い方がカカオに含まれている栄養をより多く摂取できるので体にはいいんですよ。でも苦いと食べにくく本当に薬みたいに感じてしまいますよね笑笑

COCO KYOTOにはカカオ60%のものから高いものですと85%まで幅広く揃えていますが、もともとOpen当初は全て60%台のものばかりでした。一番高くてもインドネシアの67%がMAXでした。その理由も少しお話しさせて頂きますね。

COCO KYOTOはOpenから4年目を迎えています。4年前はまだ、BtoBが一般的に知れ渡ってない時でした。東京ではちらほら名前が出てきてはいましたが、関西、京都ではまだまだ全然でした。そんな時にOpenしたCOCO KYOTOは京都、関西のBtoBでは先駆け的な存在でした。

本来、シングルオリジンバーで作るのであれば、カカオ70%以上のものの方が、カカオの香りや味わいを感じてもらうのには一番良いのですが、やはり先程も書かせてもらったように苦味や協調性が強く、その頃はまだカカオ55%〜60%などカカオ分の低いチョコレートが主流でしたので、お客様もそういった食べやすいチョコレートを望んでいました。そこにいきなりカカオ70%以上の物が出てきても、なかなか手に取ってもらえないのでは?と思いました。やはりCOCO KYOTOの味や品質を知ってもらうには、先ずは手に取ってもらい食べて頂かなければ始まりません。

そういった事を考え、先ずは60%台のチョコレートを揃えてみました!それから徐々にBtoBが広まっていきCOCO KYOTOの事もお客様に少しずつ分かって頂いていきました。

ここ最近の1〜2年では、新しい産地のカカオ豆をテストし商品として出す時は、ようやく70%以上の物を揃えるようになってきました。やはりカカオの存在感が全然違うんですよ!そういった%の違いを食べ比べてもらうのも本当に楽しいですよ。

これから繁忙期を迎えるCOCO KYOTOは、どんどん産地別のチョコレートを作っていきます!本店に来て頂けるとオープンキッチンになっているのでカカオの香りやチョコレートを作ってる工程が、チョコっと覗くことができるので、それもまた楽しいですよ。

見る楽しみ、食べる楽しみ、感じる楽しみ、作る楽しみ、などなどCOCO KYOTOにはいろんな楽しみがあります。これからもそんな楽しみ方を一人でも多くのお客様に伝えていければと思っています‼️

秋の新カフェメニュー

初めまして。8月より新しく入社致しました工房の渡辺と申します。

最近は気温も下がり、風が気持ちよく秋を感じられる様になってきましたね!

秋といえば芸術の秋、食欲の秋、読者の秋、スポーツの秋など様々なものごとに適する季節で私も一番好きな季節です!

そこで今回は秋の旬の食材も使った新しいカフェメニューを3種類ご紹介したいと思います!

〜マロンパフェ〜

見た目から秋を感じられるパフェですね!

上から

*beantobarチョコレート

*和栗

*マロンクリーム

*洋梨ソルベ

*マロンアイス

*ヘーゼルナッツキャラメリゼ

*ホワイトチョコ生クリーム

*赤ワインジュレ

*洋梨ジュレ

*キャラメルソース

*グラノーラチョコクランチ

となっています。

旬の栗を贅沢にたっぷり使い、濃厚ながらも洋梨のソルベやジュレでさっぱりと!

アクセントにナッツのキャラメリゼやクランチのザクザク感が楽しめます!

赤ワインジュレはフランベし、アルコールを飛ばしていますがワインの香りや味わいはそのままに!

重くなくさっぱりと最後まで美味しく食べれるので女性スタッフからも大人気なパフェです!

〜デセールマロン〜

こちらも秋が旬の食材を使った皿盛りデザートです!

ラングドシャショコラの筒の中にリンゴと洋梨のソテー、オレンジのマリネ、ケークマロン、和栗が入っており、その上には自家製のホワイトチョコアイスを乗せ、マロンクリームを絞っています!

仕上げに香り豊かなアールグレイの泡ソースがかかっています。

濃厚な栗とホワイトチョコアイスに秋が旬のさっぱりとしたフルーツが相性抜群の一品です。

〜フォンダンショコラ〜

こちらはチョコレート専門店ならではのbeantobarチョコレートをふんだんに使用したとっても濃厚なフォンダンショコラです!

注文が入ってから、焼き上げるので熱々、中はトロトロでカフェメニューでしか味わえない美味しさなのでとてもおすすめです!

自家製のホワイトチョコアイスに甘酸っぱいラズベリーやブルーベリーを添えているのでさっぱりと食べることも出来ます!

カフェメニューも全て白砂糖不使用、グルテンフリー、食品添加物無添加で作っております!

cocokyotoの新カフェメニューで秋を感じませんか?

皆様のご来店お待ちしております!

カカオ豆

初めまして。工房パティシエの稲田です。

今回初めてブログを担当させて頂きます。

COCOKYOTOと言えば、、、そうです。チョコレート!! 

なので今回は僕が感じたCOCOKYOTOのチョコレートの魅力を届けたいと思います。

最近耳にする機会が増えたBean to Barですが、

簡単に説明するとカカオ豆からチョコレートを作る工程を一貫して行っていることなんですが、       

COCOKYOTOが作るチョコレートで僕が驚いたことは、

チョコレートに入れる材料全てにこだわっている所です。

全てというと伝わりにくいかもしれませんが、例えば砂糖。 

普段の食事から白砂糖を避けている方もいると思いますが、

COCOでは白砂糖を含む人工甘味料を一切使用せず、天然の甘味料のみを使用しています。    

他の材料にもこだわりが詰まっています。が、

ホームページにも書いてあるので、ここでは割愛させて頂きます、、、

                  

なので是非ホームページを一度じっくり見てください。  

新しい発見がきっと見つかります! 

                   

ただこのブログをここまで読んで頂けているということは、

すでに隅々までじっくり見ている方だと思いますが、、、(笑)

ちなみに今週の僕のおすすめはBean to Barのタブレットペルー産です。 

程良い酸味と後味のすっきりさ、初めて食べる方にもおすすめです。

もっとパンチが欲しい!という方には、

また次回ブログを担当する時におすすめさせて頂きます。

1 / 1312345...10...最後 »