CONCEPT

Cacao for healthy life
MESSAGE

幸せはじまるチョコレート。

ひとつひとつを丁寧に−。
私たちが届けたいのは「美味しさ」と
「健康」を叶える
クラフトチョコレートです。

私たちCOCO KYOTOは、
ビーントゥバーチョコレート、
ローチョコレートの専門店です。
“カカオをきっかけにココロとカラダに栄養を”を
コンセプトに白砂糖・添加物を使用しない
チョコレートを作り、
グルテンフリーやオーガニックカカオをはじめ
地元京都の食材にもこだわった
理想のチョコレートを探求しています。

カカオ本来の風味と栄養素を引き出した
COCO KYOTOのチョコレートを、
ぜひお楽しみください。

INTERNATIONAL
CHOCOLATE AWARDS

インターナショナルチョコレートアワード
連続受賞

私たちのこだわりは、
各国から毎年1,000以上のエントリーがある
世界最高峰の高品質を競うチョコレートコンクール
「International Chocolate Awards」でも
評価され、連続受賞を果たしました。

INTERNATIONAL
CHOCOLATEAWARDS
毎年、世界中から1,000以上のエントリーの中から最高品質のチョコレートを認定する国際コンクール。
「世界中のカカオ農園からショコラティエに至るまで最も優れた美味しさと、素材、口溶けから高品位なチョコレートを認定すること」を目的とした世界最大の国際品評会。

COCO KYOTOは、
ビーントゥバーチョコレート・
ローチョコレートの専門店です。

ビーントゥバーチョコレート

bean to bar chocolate

一つひとつの個性と向き合い
手間ひまかけて育てる

カカオ豆からチョコレートに
なるまでの製造を一貫して京都の工房で行っています。

カカオ豆を産地や質で選別することから始まり、
焙炒・摩砕・調合・成形までの全てを手がける
「ビーントゥバーチョコレート」。

COCO KYOTO独自のレシピで
手間ひま惜しまず手作りしています。

  • 世界各地の選りすぐりのカカオ豆を石臼で1日かけてじっくり挽き、カカオ本来の風味と栄養素を最大限に引き出したフレッシュなチョコレート。
  • COCO KYOTOのチョコレートは他にないシングルオリジン。カカオ豆をブレンドして製造することが一般的ですが、単一原産国のカカオ豆だけで製造。産地ごとにそれぞれのカカオ豆の特徴と向き合うことで個性溢れるチョコレートを生み出しています。

ローチョコレート

raw chocolate

カカオ本来の
栄養を贅沢に体へ届ける

スーパーフード・カカオには体に必要な栄養素が
豊富に含まれており、健康面やアンチエイジングに
良い効果をもたらします。

特にローチョコレートは「Raw(生)」という
言葉の通り48度以下の低温で作られているため、
カカオ本来の成分・栄養を損なうことなく、
体に最大限に届けることができます。

  • 熱に弱いトリプトファンという栄養成分は気分を落ち着かせ、リラックス効果を高めると言われています。
  • ふつうのチョコレートに入っていない、カカオの栄養成分が入ったチョコレート。食べれば食べる程ハッピーな気持ちになれるチョコレートです。

COCO KYOTOの
素材への約束

Our Material Our Material
グルテンフリー

白砂糖・
食品添加物不使用、
グルテンフリー

白砂糖を使わずに、羅漢果や有機ココナッツシュガーなど低GI・低糖質の甘味料で甘味を作ります。また、小麦粉は一切使用せず、米粉を使用しストレスフリーなチョコレートへ。

【COCO KYOTOのチョコレートに使用される甘味料】

  • ◉ラカンカ 羅漢果(GI値0・糖質0)
  • ◉有機アガベシロップ(GI値25)
  • ◉有機ココナッツシュガー(GI値35)
京都産の食材を使用

京都産の食材を使用

お茶や白味噌などの京都の伝統食材たち。
わたしたちは京都のクラフトチョコレートメーカーとして、
宇治茶・ほうじ茶・京都麹・京都白味噌・京都北山原酒・
京都丹波ワイン・丹波の黒豆・丹波栗といった、
京都ならではの風味ある食材を、チョコレート作りに生かしています。

有機栽培・最上級のカカオ豆

有機栽培・最上級の
カカオ豆使用

私たちは安心・安全な食べ物を追求するために、安価で大量生産されているチョコレートを見直し、有機栽培で育ったベトナム産カカオ豆をはじめ、世界10カ国から最上級のカカオ豆を仕入れ、購買から商品化になるまでを一貫して管理、製造を行っています。
チョコレートを食べて、健康に美しく、幸せになって欲しいという願いを込めてCOCO KYOTOのチョコレートは作られています。その幸せが世界中に存在するカカオ豆やスーパーフードの生産者と「フェアトレード」の取引を行い、生産者の顔が見える透明性が確保されれば、私たちにとってこれほどの喜びはありません。

PATISSIERパティシエ

カカオの本来の美味しさを極める−。
その探究を使命に、
チョコレート界の革新を担い
挑戦を続けていきます。

横田 克久
Katsuhisa Yokota
Katsuhisa Yokota

京都生まれ。東京のRUTE DE CHOCOLATでキャリアをスタート。その後、統括シェフに就任。17年間経験を積んだ後、京都センチュリーホテル製菓料理長を務め、
従来の業務用チョコレートに限界を感じCOCO KYOTOのオープン時よりグランパティシエとして参加。日本のほとんどのお店が業務用チョコレートを溶かして使用する中、カカオの焙炒から作るチョコレートは試行錯誤の連続。
そこから「チョコレートの質は素材をどれだけ大事に扱えるかで決まる」という信念のもと、日々研鑽を重ね、2019年より本場パリ、サロン・デュ・ショコラにも出店。

インターナショナル・チョコレート・アワード2017 アメリカ・アジア太平洋大会にてブロンズ賞、2018年同大会でシルバー賞を、2019年大会でブロンズ賞、2020年にはシルバー賞とブロンズ賞を各部門で至上最多となる5作品受賞。

関西のチョコレート界をリードするパティシエとして、世界を舞台に活躍。
今後も更なる高みをめざし、チャレンジをし続けていく。